Web小説の森

12

飯田一史×編集マツダ特別対談〔後編〕 「読み専」がWeb小説の世界を変える|編集マツダ

Web小説と作家の未来について、編集マツダと飯田一史さんが語る特別対談。前編では、いまのWeb小説から生まれそうな新しい流れと、その中で作家が食べていく仕組みをどう整備していくかがテーマになりました。
後編となる本記事では、Web小説をより盛り上げるためのファクターとして、作品の読者、発掘者=スコッパー、そして評論家に焦点を当てて語ります。

Web小説にはインフルエンサーがいない

マツダ:We

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは「W平成小説クロニクル」です。
9

飯田一史×編集マツダ特別対談〔前編〕 「Web小説で食っていく」は可能か?小説と作家の未来|編集マツダ

「Web小説の森」では、短編小説ブームなど「ネット上では盛り上がっているが世間的な認知が追いついていない事象」、および占いツクールや食べログ文学など「世間的にはWeb小説と見做されていないが、創作的な意図を含み、その物語的おもしろさが消費されているもの」に着目し、全10回にわたって取り上げてきました。

 今月は連載を締めくくるフィナーレとして、ライターの飯田一史さんがスペシャルゲストに登場!
 

もっとみる
ありがとうございます!あなたの書きたい気持ちを応援します!
14

2ちゃんねるという大河、その土壌・後編|編集マツダ

「2ちゃんねる」に書かれた小説について前後編に分けてお届けしている。前回は、電車男に始まり三秋縋へと流れるボーイ・ミーツ・ガールの系譜について書いた。
後編となる今回では、橙乃ままれの『まおゆう魔王勇者』を道標として、別の流れにもスポットライトを当ててみたい。

2ちゃんねる発のヒット作品、『まおゆう魔王勇者』

『まおゆう魔王勇者』。2009年に2ちゃんねるのニュース速報(VIP)板に投稿された

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは「Web時代の作家たち」です。
5

2ちゃんねるという大河、その土壌・前編|編集マツダ

「2ちゃんねる 1)」。
ネットスラングからまとめサイトまで、数々のWeb文化を生み出した巨大掲示板。
Web小説を語るにあたって「2ちゃんねる」を避けて通ることはできないだろう。
1レスで完結するこじゃれた作り話。エッチな二次創作。AA(アスキーアート)を用いて書かれた、コミックのような物語。そしてオリジナル小説……大量の作品が2ちゃんねるから生み出されている。

あまりに膨大なので、迷子になら

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは「物書きのための創作教室」です。
5

君は知っているか、占いツクールという投稿サイトを|編集マツダ

monokakiリリース前のある日、編集長の有田が突然私の隣に現れて(彼女はいつも突然なのだが)「ねえマツダ知ってる?占いツクールってあるじゃん昔から占いを作れるサイトなんだけどいま小中学生がそこに小説を書いてるらしいんだよちょっと調べてみて!」と一息で喋って去っていった。
何それ……とぼちぼち調べ始めたら、まぁ知らなかったのが恥ずかしくなるほどの広がりだったので、今回はこの「占いツクール」につい

もっとみる
ありがとうございます!あなたの書きたい気持ちを応援します!
7

レビュー欄に書かれた小説、それはライフスタイル誌|編集マツダ

これを書いている7月上旬時点で、Twitterで公募された #54字の文学賞 が大変盛り上がっている。前回・前々回の記事でTwitterと小説について書いた身としては嬉しい限り。物書きの皆さんでまだの方はぜひ挑戦してみてください。(54字の物語ジェネレーター)

さて、今回は「レビュー欄に書かれた小説のようなもの」について取り上げたいと思う。あなたは遭遇したことがあるだろうか? ネットで買い物をし

もっとみる
ありがとうございます!今日は「新しいファンタジーの教科書」がオススメ
6

Twitter小説のことをもっと語ってみる|編集マツダ

知ってるようで意外に知らない、思ってるより意外に深い。あなたの知らないWeb小説の世界をお届けする「Web小説の森」。
前回の記事にたくさんの反響をいただいた中でこんなご意見があった。

「創作の種がTwitterにある」というのはとても納得する節がありました。
Twitterに挙げられるイラストや漫画、
所謂「嘘松」と称される創作めいた話まで・・・
思い当たる節があり、興味深いです。

ただ、

もっとみる
ありがとうございます!物語の続きが書きたくなる記事を作っていきます!
8

Q.今一番アツい小説投稿サイトは A.Twitter|編集マツダ

知ってるようで意外に知らない、思ってるより意外に深い。あなたの知らないWeb小説の世界をお届けする「Web小説の森」。
「小説家になろう」「エブリスタ」「カクヨム」……と小説投稿サイトが百花繚乱状態だが、一番盛り上がっている小説投稿プラットフォームはどこだろうか。
人が多いのはなろう? バリエーションならエブリスタ? 私はこう答えたい。
「いま一番小説投稿が盛り上がっているのは、Twitterです

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは「W平成小説クロニクル」です。
11

サラリーマン作家の憂鬱|編集マツダ

知ってるようで意外に知らない、思ってるより意外に深い。あなたの知らないWeb小説の世界をお届けする「Web小説の森」。
第4回目は知られざるWeb作家の生態に迫ってみたいと思う。この膨大な作品群は一体どこの誰が、どうやって書いているのだろうか。

「なれればいいねぇ、なりたいねぇ。でも違うよ」Web作家の本音

Web小説を読んでいると時折、書き手の姿がチラリと覗く瞬間がある。

小説で食べている

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは「おもしろいって何ですか?」です
9

進化し続けたケータイ小説とWeb恋愛小説|編集マツダ

ニュースになることこそ少ないが、Web恋愛小説はめちゃくちゃ面白いし、ファンの数も多い。
「Web小説といえば異世界転生でしょ」と思っている人は、今すぐ恋愛系の投稿サイトを開いて、読み始めてほしい。Web小説というフォーマットは恋愛小説のためにあるのでは? とすら思うはず。
今回は、その理由を「ケータイ小説」の歴史も踏まえながら紐解いていこう。

Web恋愛小説、百花繚乱

Web恋愛小説の特徴と

もっとみる
ありがとうございます!物語の続きが書きたくなる記事を作っていきます!
5