物書きの隣人

3

本の「様式美」を越えた先に装丁の美学がある|エディトリアルデザイナー 大岡喜直

あなたが一冊の小説を手に取るとき、そのきっかけは何だろう?「好きな作家の新刊だから」「話…