Web時代の作家たち

11

「自分が読みたいもの」を突き詰めると、扉が開く|深緑野分 インタビュー

暇な時間ができると、祖母は玄関先のポーチにあるロッキングチェアに座ってゆらゆら揺れながら、アイスティーを片手にのんびり外を眺めた。舗装された道路を丸っこい形のフォード車が走り、緑の茂みは湿気に潤い、隣の家の二階からジャズが流れてくる。トランペットとドラムのはずむ音色に指先でリズムを取る祖母を、玄関の網戸越しに観察していると、僕の視線に気づいた彼女は振り向き、決まってこう言うのだ。

 「五感に訴え

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは「物書きのための創作教室」です。
29