Web時代の作家たち

11

時間は連続しているのか、世界はほんとうにあるのか|早瀬耕 インタビュー

個人的な話から始めたい。「2017年、一番おもしろかった国内小説はなに?」と問われたら、『未必のマクベス』と迷わず答える。同書との出会いは秋、書店の文庫棚に平積みされている淡い夕景の装丁と、「22年ぶりの新作」というポップの文言が目をひいた。

 作者の名前は早瀬耕。不勉強ながら、初めて知る名前だった。ページを繰ると、定型的な表現になってしまうが移動中も食事中も時間を惜しんで夢中で読み、ほぼ一晩で

もっとみる
ありがとうございます!物語の続きが書きたくなる記事を作っていきます!
21