Web時代の作家たち

13

くだらないなっていう一言を一週間抱えて生きていた|燃え殻 インタビュー

 テレビ美術制作会社で働きながら、日報代わりに書いていたTwitterで日々感じていることを時には自虐的にツイートしていく中で、多くのフォロワーを獲得した。そして、はじめてのウェブ連載となった小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』が書籍化されると即重版がかかり、新人作家としては異例の大ヒットとなった。
 SNS時代の書き手の寵児とも言える新しい時代の作家は小説だけではなく、エッセイと意欲的にい

もっとみる
ありがとうございます!物語の続きが書きたくなる記事を作っていきます!
112