平成小説クロニクル

15

「私小説」と「エクソフォニー」|多和田葉子と佐伯一麦|仲俣暁生

今回は「平成」という時代が始まったばかりの頃の純文学の状況を振り返ってみたい。純文学のい…