平成小説クロニクル

15

「公正さ」は日本の小説を世界と連帯させる|藤井太洋と深緑野分|仲俣暁生

新たな元号への改元を前に、平成年間に書かれた小説を読み返す旅も、私の担当回はこれで最後と…