デビュー作を読む

6

言葉で残すということ|木村綾子

その本を読まなかったら思い出さなかったであろう記憶が、あざやかに蘇る瞬間がある。  自宅…