デビュー作を読む

6

にぎやかな孤独|木村綾子

このごろよく、祖母と話をしている。  彼女が90歳を越え、もうほとんどのことを忘れてしまっ…