平成小説クロニクル

15

「就活」というリアルとアンリアル|朝井リョウと加藤シゲアキ|仲俣暁生

平成という時代を象徴する小説家を一人だけ挙げようとすると、この時代のどの時期に着目するか…