デビュー作を読む

6

喪失とともに|木村綾子

梅雨があけ、夏が来た。  この季節の訪れは、ほかのときより少しだけ、私を緊張させる。東京…